レポート Feed

2018年2月 2日 (金)

 昨年1月に(株)サウンドテラスを開業して1年。

様々な心配をよそに、気がついたら1年保つことができました。

まだ正直会社の体をなすには不十分な体制なのですが、やりたかったことが少しずつ実現していくことができ、徐々に大きくなっていくのだなと感じています。

 現在会社の活動として、下記の部門に分けて活動しています。

 ・文化事業部門

  現在群馬県みどり市教育委員会とご一緒し、文化活動の質の向上と発展に貢献できる活動を行っています。

 ・CD部門

  CD「1867」制作

  戸定邸アンサンブル(主に新日フィル有志メンバーで構成)が松戸市とコラボし、松戸市戸定歴史観を中心とした幕末の歴史を遡るものをテーマとした楽曲「1867」(荒川洋作曲)を発表し、サウンドテラスネットショップ、および戸定邸歴史観にて発売。これまで、佐賀県本丸美術館、フランス大使館他、全国の様々な地域で演奏会を行い、CDもとても好評をいただいていいます。

  CD「荒川洋|フルート名曲31選」制作

  ドレミ出版社で長年にわたりベストセラーになっている「フルート名曲31選」2枚組で31曲に及ぶ名曲の数々を半年以上にわたり制作。昨年6月に発表してからすでに、フルート販売大手の村松楽器CDランキングで、常時上位ラインクインし、ベストセラー入りを果たしました。

 製作部門

 フルートケース 

 現在新しいタイプのフルートケースを製作中。試作品の段階です。

 後ほど、皆さんに喜んでもらえるものを提供できたらうれしいです。

 

 その他メンテ用品制作予定です。

 2018年には、僕らの録音スタイルの音色に魅力を感じてくれた人たちから、新規録音のお話もいただきました。音色は命。僕たちと新しいミュージシャンの方々のサウンドを大事に考え、新たに取り組んでいけたらと思います。

 最近「思いは空をこえて」という曲を作曲したばかりです。なんか、「思い」というのをたくさん持つことが実は一番難しく、乗り越えていく勇気や魅力を捻出していくきっかけになるのではと思います。勇気をだして、一歩一歩前へ。そんな思いをつなげていけたらと思います。

 ぜひこれからの「サウンドテラス」を応援どうぞよろしくお願いします。

 代表 荒川洋

2017年10月13日 (金)

まだこの事業はサウンドテラスとしては絡んでいませんが、サウンドテラス第1弾のCD発売がきっかけで各地域で行われている事業なので、ご紹介します。

2017年4月19日 CD「「戸定邸アンサンブル|1867」発売開始。

松戸市の常磐線・松戸線開業百二十周年記念事業の一環として、松戸市戸定邸の歴史にインスパイアされ、荒川洋が作曲した作品。新日フィルのメンバーの有志により集まった八人のメンバーにより構成された「戸定邸アンサンブル」が演奏。CDでは八人の室内楽オリジナル版だが、後にピアノソロ版を発表、オーケストラ版も発表計画中。

9月23日特別展「1867年パリ万博と佐賀藩の挑戦」関連イベント☆浦山純子ピアノコンサート

P1506123838658

 イベントとしては、松戸市戸定邸歴史館の館長齊藤洋一氏による、徳川家や幕末の歴史のレクチャーと歴史を音楽で綴る戸定邸アンサンブルの公演が好評を経て、フランス大使館や、佐賀城本丸歴史館などを筆頭に、公演が全国展開中。プロジェクト「1867」として盛り上がってきています。

Img_1544

Img_1551

畳が相当数。すごい迫力です。

Img_1552

 

Img_1586

松戸市戸定邸歴史館館長と戸定邸アンサンブルメンバー他皆さんと。大成功おめでとうございます。

実施日時

 平成29年9月24日(日)

 

9時00分~12時30分

実施場所

みどり市立大間々中学校

参加人数

吹奏楽部員76人、学校関係者7人、その他(協力者)3人

指導者

荒川洋( 新日本フィルハーモニー交響楽団 フルート奏者)

配付資料

なし

指導内容・

課題・感想等

二日目に当たる24日は、各学校の吹奏楽部合同でのリハーサルが行われた。はじめに、レクリェーションとしてフルートを演奏、次にフルートセクションの指導、最後に全体のリハーサルをさせて頂いた。

 合同練習初回ということで、音色の作り方はこれからなのだが、合同でやるときの音色感や約束事を中心に口頭で伝えていった。どうしても、自分の音が聞こえないと感じ、全員がフォルテで演奏し続けて、指と音量に終始する時間になってしまうのだが、そうではなく、全員が集まるからこそ、曲全体のストーリーを追えるようなチームワークと考え方を身につけていってほしいと思う。そうすることによって、徐々に各々の先生方が求めている音楽に寄り添い、手間を省くことができるように思う。

備  考

全体としての演奏は個人的には素敵な音色を持っており、日頃の先生方の努力の成果だと感じた。全体で作る音色も基本的には変わりがなく、美しい音楽と音色を求めるのは同じである。

引き続き、全員で音楽作りに取り組んでいけるとよいと思う。

 

実施日時

 平成29年9月23日(土)

 

13時00分~16時00分

実施場所

みどり市立大間々中学校

参加人数

吹奏楽部員8人、学校関係者3人、その他(協力者)5人

指導者

荒川洋 (新日本フィルハーモニー交響楽団 フルート奏者)

指導内容・

課題・感想等

 今回は大間々中学校にて、8人の部員に曲と練習用のコラールを用いて音色と旋律の作り方について指導した。

小規模ながら対応を行った。前回よりも、チームワークが向上しているように思った。

 どのような音色を求められているのかを、自ら判断する自主性が徐々に生まれてきており、積極的な要求や質問などは多く見られなかったが、こちらの要求を理解し、音楽の指示についてこられたことは、大いに評価したい。

 来年度も部員の人数が少なくなると予想され、現在のメンバーの団結力が今こそ求められるため、それに合わせた音作りの方法などを説明した。

備  考

来年度に向けて大間々中学校入学者が今年度より減少するということで、吹奏楽部の部員も当然ながら集めるのが大変であるが、楽器をすでにやっている生徒が入部してこられるような環境を作りたい。

 

2017092301_2

2017092303

2017092322

2017092325




 

 

 

 

2017年6月 3日 (土)

 平成29年 6月 3日(土)
みどり市立笠懸中学校
吹奏楽部員 36 人、学校関係者 2 人、その他(協力者)3 人
 氏名 荒川洋(新日本フィルハーモニー交響楽団フルート奏者)

氏名 山田徹(新日本フィルハーモニー交響楽団パーカッション奏者)

 氏名 佐藤和彦(新日本フィルハーモニー交響楽団チューバ奏者)
 
みどり市立笠懸中学校吹奏楽部の指導を3人の講師で実施した。

吹奏楽のバンドは金管、木管、打楽器で構成されており、今回はそれぞれの分野のプロ奏者が指導に入ったことで、非常に効率的に問題点を指摘、課題を見つけることができた。

 午前中はチューバ奏者の佐藤和彦講師が金管楽器としての視点から全体合奏を指揮、午後には打楽器奏者の山田徹講師が打楽器奏者の視点から指導した。各々が主張しなければならない箇所を重点に、音色や音の立ち上げ方を指導したことで、メリハリのある音色に変化した。

 午後には分奏もカリキュラムに入れ、より細かな部分の奏法を学び、今後の練習に役立てるコツなども指導した。

 現状では、すぐコンクールで上位という成果はなかなか難しいが、楽器への理解は深まり、今後に期待できる所まで垣間見る事ができた。